お問い合わせ

採用トップ > フジオフードシステムで働く仲間 > 竹谷 麻子

フジオフードシステムで働く仲間

竹谷 麻子

コミュニケーションは、
言葉よりも行動

竹谷 麻子

店長

かっぽうぎ淀屋橋店 

2012年入社

温かみのある店

フジオフードシステムを知ったのは、大学の学内企業説明会でした。
人事部の方がとても気さくで、色々話すことができたので、「どんな店を運営している会社だろう?」と興味を持ち、何店舗か利用してみたのがきっかけです。
どの店舗も元気な声が飛びかって活気に溢れていたことが印象的でした。
なかでも、かっぽうぎの「おかえりなさい」「いってらっしゃい」という声掛けは温かみがあって、とても好きな雰囲気だと思いました。

もともと「将来は自分の店をもちたい」という夢があったので、この会社でなら夢を実現できると思い、入社を決めました。

竹谷 麻子

コミュニケーションは、言葉よりも行動

入社直後は、店で働くパートナーさんは自分よりも年上の方ばかりで、正直なところコミュニケーションで戸惑いました。ましてや、組織の中で働くのは初めてで、社員とはいっても、人をまとめたこともありません。
最初はなかなか受け入れてもらえなくて、失敗の連続でした。仕事が終わった後、泣いたこともあります。

どうやったら好かれるか、どうしたら認められるか、一生懸命考えました。先輩社員にもアドバイスをいただいて、まずは、自分のできること

1.パートナーさんよりも必死に働く
2.パートナーさんのことを大事に想う

例えば、重いものは自分が率先して持つこと等を心掛けました。すると、パートナーさんから「ありがとう」と言われる回数が自然と増え、いつの間にか受け入れてもらえるようになったんです。
人間関係ができたら、気軽に仕事をお願いすることも出来ますし、今では「これ、やっとくから自分の仕事に専念して大丈夫やで」と助けていただいてます。
コミュニケーションは、言葉よりも「行動」で示すことだと実感しました。

みんなの心をひとつにして頑張る

目標に向かって、パートナーさんと一致団結して頑張ること。それが、私のやりがいです。
かっぽうぎでは、定期的に特定商品の販売に力を入れるキャンペーンがあります。
「キャンペーン商品を売る」という想いを朝礼で伝えて、みんなで頑張ったのですが、パートナーさんが率先してお客様に商品アピールしてくれ、「今日はこの商品、これだけ売れたわ」なんていう会話を聞くと、自分の想いが伝わってる。
みんなの気持ちが一つになってると嬉しくなります。
みんなで、目標に向かって頑張る楽しさというか、このメンバーだから頑張れる気がします。

ご応募を検討されているみなさまへ

竹谷 麻子

目の前のことを、一生懸命やることが、ベストだと思います。先のことばかり考えても、今ある問題を解決できなかったら始まりません。一生懸命やっていれば、結果はついてきますし、周りにも想いは伝わります。
実際に、最初はコミュニケーションで苦労をした私ですが、今はパートナーの皆さんは家族のような存在です。
そんなメンバーと、目標に向かって頑張る喜びを、もっと、たくさんの仲間と共有したいと思っています。
仲間と一緒に泣いて笑って、夢や成功の喜びを一緒に分かち合いながら仕事をしていきたいという方には、ここは最高の職場だと思います。