お問い合わせ

採用トップ > フジオフードシステムで働く仲間 > 中島 明彦

フジオフードシステムで働く仲間

中島 明彦

本気で変わりたい、
本気で何かをしたい

中島 明彦

店長

串家物語イオンモール鶴見緑地店

2013年入社

団結が強い

学生時代に、近所にあった「まいどおおきに食堂」をよく利用していました。活気あるお店の雰囲気や、店で使われてる社長の文字が気になって、「どんな会社がやってるんだろう」と興味をもったことがきっかけです。「串家物語」で働きだしたのは、内定後アルバイトに誘われたからなんですが、仲間意識というか団結が強い。3店舗かけもちでアルバイトしましたが、どの店舗でもすぐに仲間ができて、プライベートでもよく遊びに行きました。

中島 明彦

伝えないとやっていけない

入社後は、年の離れたパートナーさんもいらっしゃって、コミュニケーションをとるのに苦労しました。間違っていることを伝えようとしても、人見知りな性格もあって、なかなか伝えられませんでした。そんな時、トレーナーから「どんどん話しかけろ。人間関係を作れ。飲食業は年齢は関係ないんだ。きちんと伝えないとやっていけないぞ!」とアドバイスされて、なんとか伝えました。反発されるかと思いましたが、そんなことはなく、自分の思い込みでした。皆さん「お客様に喜んでほしい」という気持ちは一緒なんです。今では、プライベートな話もするくらい打ち解けています。

見えてくる世界が変わった

アルバイトから社員になって、業務内容も変わらずどこが違うのかと悩んだこともありました。でも、社員や店長以上のパートナーはいない。自分は見本であり、全体を見る立場だと気付いてからはモチベーションと、見えてくる世界が変わりました。1年目は業務を覚えることで必死でしたが、2年目からは売上や店の数字のこと、何よりもお客様への意識が変わりました。お客様を意識する回数が増え、いま何を求めているのかということを常に考えるようになりました。おしぼりを持っていくタイミングひとつでもお客様の反応が違うんです。以前よりも「ありがとう」と言われる機会が増えました。お客様に喜んでいただけるのが一番のやりがいです。
また、串家物語は学生のパートナーさんが多いのですが、今では指導もさせてもらっています。面接の時から関わったパートナーさんが成長していくのは本当に嬉しいです。最初が肝心なので、ミスしてもいいので笑顔で元気よく接客してくださいということを伝えています。あと、不安にならないよう頻繁に声をかけることも気を付けています。一緒に働く仲間が増えるということもやりがいのひとつです。

ご応募を検討されているみなさまへ

中島 明彦

みんなと一緒にひとつのものを作りあげるのが好きという人は、この職場はピッタリだと思います。でも、そういう自分は、人見知りなので最初は違いました。この会社に入って、人見知りが直り、自分が変わったと感じています。だから、本気で変わりたい、本気で何かをしたいという人には必ずチャンスがあると思います。ひとりでも同じ気持ちの仲間が増えたら、嬉しいです。