お問い合わせ

採用トップ > フジオフードシステムで働く仲間 > フジオ軒

フジオフードシステムで働く仲間

フジオ軒

仕事を選んだ基準は
「好き」という気持ち

フジオ軒

店長

2016年入社

どれもが楽しかった

 実は、他で就職が決まっていたのですが、マネージャーに誘われたことをきっかけに、当社へ入社しました。
まいどおおきに食堂でアルバイトをしていた時から、楽しかったのもあります。歴代の店長が冗談を言いながら皆で楽しそうに仕事をしていたこと。厨房にこもって調理をするだけでなく、お客様とコミュニケーションをとりながら仕事をすること。常連のお客様の話を聞くことも楽しかったです。
どれもが楽しかったから、先輩である店長やマネージャーの背中を追って当社を選びました。

フジオ軒

受け入れられないこともある

 実際に社員になってみて楽しかったことばかりではありませんでした。店長として認めてもらえないこと。受け入れられないこともあり大変でした。まだ年齢が若いということもあって、改善案や計画を伝えても「前のやり方が正しいから」と断られることも。言い方やタイミングも良くなかったのかもしれませんが、話を聞いてもらうことの大変さを感じました。

信頼を少しづつ積み重ねること

 とにかく受け入れてもらう為に、コミュニケーションをたくさんとりました。
始めたことは、「自分を知ってもらう」そして「相手を知る」ということ。例えば、趣味の話から、どんなことに興味があるのか徐々に会話を広げていきました。仲良くなってプライベートで遊びに行くようになった仲間もいますし、仕事でも次第に助けてもらえるようになりました。
あと、お互いが納得いくまで話し合うことで、自分の提案も段々と受け入れてもらえるように。
社員という立場になって、信頼を少しづつ積み重ねることの大切さを実感しました。

ご応募を検討されているみなさまへ

フジオ軒

 自分がこの仕事を選んだ基準は「好き」という自分の気持ち。小さな頃から「調理の仕事をする」と思っていました。安全で安心な仕事を選んだとしても、会社の状態やプライベートで状況は変わると思います。
変わらないのは自分の気持ち。たくさんの方と、仲間として一緒に働けたら嬉しいです。